オリエン用語集

『東北大学学友会オリエンテーリング部技術書2003』を参考にしています。

アタック…コントロールへの最後のアプローチのこと。
アップ…登距離のこと。
鞍部…尾根上で馬の鞍のように細くなっている地点のこと。
ウムスタート…リレー競技で、前走者が規定時間内に帰って来ず、次走者が前走者を待たずにスタートすること。
尾根…ピークから伸びる、高くなっているところのこと。
オープン…開けた土地のこと。
オリエン道…藪の中や斜面で、多くのティアが通ったことにより、道のように通りやすくなっているところ。

切る…尾根、沢などの線状特徴物を直角に越えて行くこと。
傾斜変換…傾斜が目に見えて変わっているところ。
こぶ…小さな隆起。高さ1m以上で直径5m以下のものを指す。
コンタ…等高線のこと。
コンタリング…同じ高さを維持しながら進むこと。
コントロール…チェックポイントのこと。厳密にはそのチェックポイントそのもののことを指す。
コンパス…方位磁石のこと。

サバ撤…予め回収するポストを決めることなく、全員で一斉に撤収を開始すること。出遅れると1番遠いポストを回収しなければならない。
…尾根とは逆に、低くなっているところのこと。
小凹地…自然に出来た小さく浅い凹地や窪みのこと。
植生界…針葉樹や広葉樹といった、木の種類などが変わっている境界のこと。木の高さが違うものもある。
人工特徴物…ほこらや井戸など、人の手によって作られているもの。
正置…地図の北を北に向けること。コンパスの北を地図上の北と一致させることによって正置できる。

チェイシング…近間隔でのスタートにより、他走者と競い合うこと。
直進…正置をし、コンパスの指す方向へ真っ直ぐ進むこと。
つぼる…地図上で自分がのいるところが分からなくなること。「アナザワールドに行く」と表現することもある。
ティア…オリエンをする人のこと。
テレイン…オリエンテーリングで使用する場所のこと。
撤収…チェックポイントに設置されたポストを回収すること。

パック…他のランナーについて行くこと。故意にすることは禁止されている。
ピーク…頂上のこと。
ファシュタ…走者全員が一斉にスタートすること。
ペナ…ペナルティーの略。パンチミスや番号違いにより、正しく回ってくることが出来なかった場合を指す。
ポスト…コントロールのこと。厳密にはフラッグのことを指す。
歩測…歩数を数えること。右足と左足の両足をもって1歩とする(複歩)。

巻く…尾根や沢、ピークを越えるとき、登ったり下ったりするのを避け、へりに回って行くこと。

…植物が密集しており、通りにくいところ。
湧水点…水が湧き出ているところ。

リロケート…つぼったときに自分のいる場所を特定するための一連の作業のこと。
レッグ…コントロールとコントロールの間の区間のこと。
ロゲイン…コントロール毎にポイントをつけ、獲得したポイントを競う。

 

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031